奥能登の気候、食文化などの土地の特徴|奥能登の方言|奥能登の観光名所奥能登の行事・お祭り

奥能登ってこんなところ

・奥能登の気候、食文化などの土地の特徴(3)

観光名所案内へ

【能登の方言】

能登の言葉、わかりますか?

能登の方言は、地域により微妙な違いがあります。隣町に行くだけで語尾が変わったりもすることも少なくありません。その特徴は、加賀の方言と同じように、特に文法的特徴について近畿方言との共通性が多く見られるようです。
また、能登の方言は、さらに口能登方言と奥能登方言に分けられます。口能登方言は富山県方言、奥能登方言は新潟県の佐渡方言との共通性が多く見られます。

ア行

方言 品詞 標準語の意味 使用例
あきべたい うっとおしい あきべたい、あっちいけま
あしゃかしい 危うい、不器用 あしゃかして見とれん
あせない    
あじことない 大丈夫、差し支えない  
あらつけない 荒々しい、乱暴な あらつけないしゃべり方や
いさわるい 気持ちが悪い、不気味  
いじくらしい うるさい、わずらわしい この子ギャーギャーといじくらしい
いどる 文句を言う、ケチをつける  
うぞい ひどい、粗悪、粗末  
おーけんで だいたい、適当に この飾り、おーけんで10 万円ほどする
おいそ 遠くから、離れたところ おいそから見りゃ、よー分かる
おく 終わる、やめる、止める もう6 時だ、仕事おくぞ
おこめる ふざける、浮かれ騒ぐ おこめとったら、また熱が出るぞ
おってかいね いらっしゃいますか お母さん、おってかいね
おとましい 惜しい、もったいない、恐ろしい 財産、無いかにして、おとましい

このページのトップへ▲

カ行

方言 品詞 標準語の意味 使用例
かたい 賢い、真面目 いゃー、かたい子や
かたから はじめから この計画、かたから乗り気でない
かたげる 傾く 雪で家が、かたがってもた
かたけ 一食 かたけ抜いたくらいで死なんわい
かたちんぱ 形動 対の片方が無い状態 この靴、かたちんぱや
かつける 投げる、ぶつける 石な、かつけるがやめま!
がなる 大声で言う がならんでも聞こえる
がわくさい 大げさな がわくさい話ばっかり
かんがえる かじかむ 手やかんがえて仕事にならん
がんこ おおげさ、強烈なこと、強引 まんで、がんこな結婚式やった
きぎしい 気難しい、神経質な あの人、きぎしいし好かん
くじる 強くかきむしる、取る けんかして顔くじった
げっさ 大げさな げっさ、ほんとかな?
こうざいな 生意気な  
ごた ごた付けたまま部屋にあがんな
こそげる (隠れて)探す、詮索する へそくりをこそげまわる
こべ 頭、額、おでこ こべかって、痛かった

このページのトップへ▲

サ行

方言 品詞 標準語の意味 使用例
ざいご 田舎、在郷(ざいごのもん=百姓)  
さいばしい でしゃばる、采配する(否定的に使う) さいばしいことすんな
さきがた 先ほど(さきなた) あの人さきなたまで居った
さがねる 探す どこさがねても傘やみつからん
さげる 手に持つ→さんでく=手に持っていく  
ざまたれ 醜態  
さらいつける はねのける、押しのける、断る  
さわしない 忙(せわ)しない、忙しい(=しゃわしない、こじゃわしない)  
ざん 魚の内臓や骨、身を使った残り この猫、魚のざん食べんぎ
さんにょ 計算 ありぁー、さんにょあわん
じじばば 春蘭の花(植物)  
したるい 濡れて冷たい 露にあたって、したるい
じっくらーと ゆっくりと たまには温泉で、じっくらーとしたいもんや
しったくさい 生意気な、知ったかぶり あいつ、しったくさい
しのけ 台所仕事、食事の片づけ 食べたら、しのけしとけ
じべた 地面 じべたはいつくばって、サイフさがねたけど無かった
じゃーま おら、じゃーま(俺の妻)
しゃべりくち 話し好き、噂を広げる人 しゃべりくちに、いらんこと言うな
しょむない 味が無い、塩味が足り無い このおつけ、しょむない
しょんべ 小便  
しんがい 新田(隠し田)、内緒(→しんがいぜん=内緒の金)  
じんのびする のんびりする、気が休まる じんのび〜と、してかっし
ずべ 禿頭、丸坊主  
ずんべこく ごまをする(ずんべこき)  
せー しなさい はよせーま  せーや(するの命令形)
せーかく 世話をやく、干渉する 子供に、せーかいたら、よけい悪い
せーもむ イライラする  
せど 裏庭  
せんば 炭や灰を扱う平たい小型スコップ  
そいあい 夫婦、連れ合い  
ぞーよ 経費、費用  

このページのトップへ▲

タ行

方言 品詞 標準語の意味 使用例
たーしる
たーする
あげる、やる まいもん、たーするぞ
たいこな 形動 おおげさな  
だいすきな 形動 ステキな、すばらしい  
たーた
たーこ
女の子→たんち  
たいそ 苦労 親がおらんで、たいそする
たいそい 疲れている まんで、たいそい
だいそど 大騒動 会社のパソコン壊れて、だいそどやった
だいな かまわない あんた、気にせんでも、だいなわいね
だけだけ(に)
それぞれ(に)、それ相当に 皆、だけだけに頑張った
だだくさ 形動 (=だだくさい)不細工、醜い  
だちかん 形動 だめ、良くない ほんなひわずいもん、だっちゃかんわい
だてこき おしゃれ、化粧が派手(人) あの人、まんで、だてこきなぎ
たび
たびのもん
他の土地(からきた人)  
だら ばか(→だらくさい、だらみたい、だらぼち)  
だんごじる 魚のつみれ汁  
だんない 大丈夫、心配ない  
ちきない 疲れる、苦しい「てきない」と言う地区もある  
ちみる 指でつねる  
ちゃっちゃと さっさと、手際よく ちゃっちゃと仕事せいや
ちゃわ (=ちゃわすけ)あわてんぼう  
ちゃべちゃべ 先だって、でしゃばる わからんがに、ちゃべちゃべと言うな
ちょっこり ほんの少し ちょっこり、まけてくだいま
ちん(とする) じっ(とする)、おとなしく(する) ちょっこり、ちんとせい
つらつけない 可愛げが無い なちゅう−、つらつけない子やろか
でっかいこと たくさん、大量 仕事、でっかいことかかえとるぎ
てばる 遅れる、遅くなる 稲刈り、てばったら日や暮れてもた
てぼ 杖、手棒  
てんご いたずら てんごばっかし せんとこ
てんでんに 各自、それぞれに てんでんだけだけに暮らしとるもんやわい
とーと  
どくしょな 形動 性悪な、性格が悪い なんとどくしょな者やろか
とぼつく ふらふらと出歩く、的外れ 何を、とぼついたこと言うとるが

このページのトップへ▲

ナ行

方言 品詞 標準語の意味 使用例
ながいこと ゆっくり、長居 時間ないし、ながいことできんぞ
なしたてて どうしたというのか、驚き、疑問を含む  
なっとない 大丈夫、なんともない  
なましい 生のまま、焼けて(煮えて)いない  
なまはんこな 形動 中途半端な  
なれる (魚の)鮮度が落ちる 魚なれて、臭いがになっとる
なんも いいえ、否定(肯定→おいね) なんもやわいね(違います)
にがむ 握る、つかむ ありゃ、ガメムシにがんでもた
にちこち 物がいっぱいの状態(ねちこち) 弁当におかず、にちこちに詰め込んだ
なまる 座る  
ねんね 赤ん坊  

このページのトップへ▲

ハ行

方言 品詞 標準語の意味 使用例
ばい(があう) 気(があう) 「ばい」は太鼓のバチ  
はいだるい 暇な、つまらない、楽しくない  
はかいく 仕事が進む。はかどる 田植え、はかいったけ
はがいし 悔しい(=はがやしい) だらにされて、はがやしいわいね
はしかい 素早い、賢い、利口  
ばっかいする 世話、面倒をみる ねんねのばっかいせんなならんし、戻るわ
はんかくさい バカ、変な人  
ひとみず 人見知り…する[動] このねんね、ひとみずせんね
ひねくらしい 老けている、年齢より上  
へーぜーこーぜー 普段の行い へーぜーこーぜー怠けとったら、だちかんぞ
べくさいな 形動 生意気な、高慢な べくさいな奴ちゃ
べっちゃ (=びっちゃ)違う、異なる なんも、べっちゃがいね
べん 肉、魚料理(血の色を紅に見立てたという説がある)  
べんこ 理屈→べんこまく〔動〕  
ほじる 穴を掘る、中身をかき出す 耳をほじる
ほかす、ほーかす 放る、捨てる なんでもかんでも、ほーかすなまいや
ほっこりする 満足する、安心する 仕事終わったら、ほっこーりするがいね
ぼる もぐ、もぎ取る 柿の実をぼる
ぼんぼする 背負う 子供をぼんぼする

このページのトップへ▲

マ行

方言 品詞 標準語の意味 使用例
まーそい 大げさな、大きな、上手い まーそな儲け話は、信じんな
ませ
形動
(=ませくさい)早熟、大人ぶった、老成 ませた子供
まつい 一族、一家、親戚、末裔  
まんで 物凄く、とても まんで、もっしょいげ(凄く面白い)
みかがみ 鏡餅  
みっともない 恥ずかしい、見た目が悪い みっともないこと、すんなまい
むだかる (=もだかる)もつれる 毛糸、もだかって、わやくそや
めめる 睨みつける、叱る 悪い子をめめる
めろ、めんた 女性への蔑称  
めんじゃ 台所、流し場  
もっしょい (=もっしい)おかしい、楽しい、不思議  
ものい だるい、物凄い  

このページのトップへ▲

ヤ行

方言 品詞 標準語の意味 使用例
やーやに いやいやに・・・する やーやに仕事すんなまい
やいと お灸 悪いことしたら、やいとするぎぞ
やうち 親戚、仲間  
やぐさい 形動 乱暴な いやぁ、やぐさい子やなぁ
やくやく わざわざ、時間がかかること  
やっとこさい ようやく 仕事、やっとこさい終わった
やねこい 形動 汚い、しつこい、嫌なことをする  
やわやわと ゆっくりと、急がずに 長い坂、やわやわと行くまいけ
やんちゃくさい やんちゃな、乱暴な(→〔名〕やんちゃこき)  
よあさ 夜明け  
よさり  
よそいき 外出着、普段と違う様子  
よて 得手、都合が良いこと この仕事、よてなぎ
よむない 良くない、不出来 よむないぎけど、このスイカ食べてくだい
よんべ(ゆんべ) 昨夜  
よぼしご 血縁関係のない家が結んだ親子関係の子  

このページのトップへ▲

ラ行

方言 品詞 標準語の意味 使用例
らくまつ 気楽、呑気物(=らくすけ)  
らっちゃかん らちがあかない(→だっちゃかん)  
らっぱこき ほら吹き 「こき」は人、「こく」はその行為  
りくつななぁー なるほど、合理的だ  

このページのトップへ▲

ワ行

方言 品詞 標準語の意味 使用例
わからず 分からず屋  
わっさ 悪さ(悪戯) わっさこき(悪さをする人)  
わなる 叫ぶ 耳元でわなるなまい
わやくそ(に)
形動
むちゃくちゃな状態 犬や、畑わやくそにしてしもた
わらびしい 大人げない、幼稚な、情けない  
わんたたき 三男以下の男の子 長男−あんち 次男−おじこっぱ 

このページのトップへ▲

その他

接尾語 意味(備考) 用例
・・・おいね ・・・ですか  
・・・かいね ・・・ですね
・・・ですか
これてが、本当かいね
・・・がかいね ・・・ですか どこ行ったがかいね
・・・かって ・・・から 仕事してかって、遊びに行く
・・・がや ・・・です 梅と桃は桜の仲間ながや
・・・ごじみす ・・・ございます ありがとうごじみす(高齢の女性が使う)
・・・さっし ・・・しなさい
(少し丁寧な表現)
この本、見さっし
・・・しなに ・・・する時に 出しなに雨や降ってきた
・・・ぞいね ・・・ですよ 能登は田舎やけど、いいとこやぞいね
・・・たった ・・・なされた(丁寧) お婆ちゃん、帰ってきたったけ
・・・とかにゃ ・・・しないで 台風来るし、出かけんとかにゃ
・・・てが ・・・というのは これてが、値打ちあるがかいね
・・・とく ・・・でおく 雨やし、出かけんとくわ
・・・とって ・・・しないで 見んとって言うなまい
・・・ま ・・・しない 早よ、来いま
・・・まいか ・・・ましょう みんなで行こまいか
・・・やがい(ね) ・・・だ
・・・ですね
酒どま、半分以上税金やがい
・・・やぞ ・・・だよ 勉強てが、しとくもんやぞ
・・・やろ ・・・だろう ライオンでが、猫の仲間やろ
・・・らち ・・・たち(複数)
・・・など
あんたらち、どこいくが
・・・ろね ・・・ね 明日、学校行くぎろね
・・・わいね ・・・ですね 今から遊びに来るわいね
・・・わて ・・・ずつ 皆で百円わて分けるぎぞ
・・・んがか ・・・しないのか テレビ見んがか

このページのトップへ▲

観光名所案内へ