能登の気候・風土が独特の酒を生み出した。

地図

登の土壌は酒造りに適した大地だった。

現在の能登半島の先端にある珠洲市には沢山の珪藻土があり、また、多数の貝の化石も見つかっています。このことから、能登半島の一部は、現在の日本の形になる以前は海の底だったといわれています。
能登沖は日本海の中でも寒流と暖流がぶつかり合う場所。ミネラルも豊富で良質の漁場と言えます。その昔海の底だったことで多くのミネラル等の栄養成分が大地に豊富に含まれているようです。
北陸はおいしいお米の産地として有名ですが、それは奥能登の大地が他に見られない養分の高い土壌であることに関係しているようです。
米の産地としてこれほど恵まれた大地はありません。そして、おいしいお米が獲れる大地だからこそ、沢山の酒造家が高いレベルの酒造りを目指してこの地を選び、沢山のおいしいお酒を造りました。
おいしいお米を原料として造られたお酒。それが奥能登のお酒です。
多くの日本酒愛好家に受け入れられ伝統の技術で醸造される奥能登の清酒をお楽しみください。

このページのトップへ▲

と農産物

能登は位置的に北と南の農産物を作ることができる気候風土が有り、「食べる・飲む」という飲食に関わる文化も次第に発展し、食を盛る「器」にも様々な文化が生まれ輪島塗が誕生したと言われます。そして「食」と「器」の発展とともにお酒づくりに磨きがかけられました。
旨い飯、旨い料理、美しい器、そしておいしい日本酒。
様々な角度から能登を調べていくとおいしいお酒が誕生し、育まれた理由が分かってきます。
ぜひ、奥能登でつくられる伝統の奥能登清酒をご賞味ください。

このページのトップへ▲